DHAサプリメントのお知らせ

DHA・EPAサプリメントのいろいろ

前へ
次へ

ハープシールオイルの成分や効能


あざらし

亜麻仁油やえごま油など、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

こうした油には、オメガ3系の必須脂肪酸が豊富に含まれていることから、
積極的に摂るべき油として注目されるようになったのですが、
さらにその中でも、DHAやEPAに次ぐ新たな脂肪酸として注目されているのがDPAであり、
このDPAが豊富に含まれているのがハープシールオイルです。

ハープシールオイルの成分や効能はどのようなものなのでしょうか。


ハープシールオイルとは?


ハープシールとは竪琴アザラシのことです。

このアザラシの皮下脂肪から抽出されたオイルを、ハープシールオイルといいます。

ハープシールオイルの大きな特徴は、DPAを豊富に含んでいるということです。


脂肪酸ってなに?


人間の身体を作る成分として、またエネルギー源として必要な脂肪酸は、
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。

飽和脂肪酸は体内でつくることができるため、
食物からたくさん摂取する必要がありません。

不飽和脂肪酸は、オメガ9系の一価不飽和脂肪酸と
オメガ3やオメガ6系の多価不飽和脂肪酸に分けられます。

オメガ9は飽和脂肪酸と同じく、体内で合成することができます。

一方、多価不飽和脂肪酸は体内で合成することができず、
これらを必須脂肪酸といいます。

オメガ3とオメガ6は互いに密接な関係にあり、
バランスよく摂取しなければなりません。

オメガ6はさまざまな食品に含まれていることもあり、
自然に摂取できているのですが、オメガ3が不足しがちな傾向にあります。


DHA・EPA・DPAってなに?


オメガ3系の脂肪酸が豊富に含まれているのが、イワシやサバなどの青魚の油です。

こうした魚油には、DHAやEPAが豊富に含まれており、
血液をサラサラにする効果や血圧を下げる効果、
また、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化予防に効果があるといわれています。

また、DHAには脳の神経細胞を活性化させる効果があるとされています。

そのため、記憶力を高めたり、
認知症や痴ほう症の予防や改善などの研究がすすめられています。

一方、DPAはDHAやEPAと似たような効能があるとされていますが、
特に血液をサラサラにする効果については10倍以上といわれています。

しかし多くの青魚には、DPAはほとんど含まれていません。

特に、生活習慣病の予防や改善に効果のあるDPAを、
効率よく摂取できるのがハープシールオイルなのです。

これからはDHAやEPAだけでなく、
DPAも配合されているハープシールオイルを摂取して、
体や脳の老化防止に努めましょう。

もくじ

もくじ

ページのトップへ戻る